男女によって違う浮気の言い訳

男女別 浮気の言い訳ベスト3

浮気の言い訳って、実はどれも基本的にベクトルが同じなのですぐにバレるものばかりです。

 

ベクトルって何?って思われる方のために少し説明します。

つまり、浮気をする場合には、必ず普段とは違う行動を取るという事です。

 

男性が他の女性に関心が向いている時には、かならずと言っていいほど外出したがります。
それまでは家でごろごろしていのに急に仕事が忙しくなったり、友達と飲みに出掛けたりするようになります。

 

女性の場合も同じです。
それまでおしゃれに関心がなかったのが、急に新しい洋服を買ったり、美容院に行くようになるのです。

 

男性が浮気をする時に使う言い訳のベスト3の
1位は「急な仕事ができた」です。

 

妻に対する言い訳で、これほど便利な言い訳はありませんね。
普段から感じている仕事に対する不満をここぞとばかりに言い訳として吐き出せば、妻は簡単に納得してくれるのです。
「今夜中に終わらせないと、明日の会議に間に合わない」と言えば、それだけで外泊OKとなります。
深夜に会社に電話を掛けても通じないので、言い訳としては完璧ですよね。

 

次に多いのが、スポーツジムなどで「運動してくる」という言い訳です。
ジムの他にも、サッカーや野球、ゴルフなんでも言い訳に利用できます。

 

なによりも、出先でシャワーをあびてきても疑われないというのがこの言い訳が使われる一番の理由だと言います。
確かに、スポーツジムに行ってくればシャワーで汗くら流しても不思議には思いませんよね。

 

その次に多いのが、偶然を装って「友達と会った」という言い訳です。
一般的に夫の友人関係を詳しく知っている妻は少ないと言われていますが、そこを利用したのがこの言い訳です。

 

毎日浮気をするわけではないので、月に何回か程度であれば、この3つの言い訳を使いまわしているだけでも十分なわけです。

 

 

この点、女性の場合の浮気の言い訳は、殆どが夫に原因があるというものです。
仕事ばかりで家庭を大事にしていない
いつも束縛されている
お金にうるさくて自由がない
子供の教育に関心がない
など、いかにも自分が浮気をしたのは、すべて夫が悪いのだと言わんばかりです。

 

夫の浮気よりも妻の浮気の方が離婚に至るケースが多いというのも、このあたりに理由があるのかもしれませんね。