浮気の証拠となりえるもの

浮気の証拠となるもの

浮気が発覚し、もし相手方に対し慰謝料を請求する場合「浮気の証拠」が必要になる場合があります。
もちろん慰謝料の請求自体は裁判外でも行うことができますが、証拠が無いと相手方が応じない場合がほとんどです。
また、裁判となった場合には証拠がないと事実が証明できないため相手方が浮気を否定した場合、不利な立場となってしまうおそれもあります。
そのため浮気の証拠集めは慎重に、かつ決定的な証拠が必要となります。

 

裁判で使える浮気の証拠とは?

まず携帯やPCのメール履歴ですが、残念ながらこれだけでは浮気の決定的証拠とはなりません。
なぜならば裁判で浮気と認められるには「不貞行為があった事」を証明しなければならないからです。
不貞行為とは、すなわち肉体関係があったことを指しますので、そのような行為があった事を証明する必要があります。

 

ですが、不貞行為の最中を録画したり撮影する事は非常に困難であるため、状況証拠を積み重ねていく必要があります。
例えばラブホテルに入るところや出てくるところ、または旅行中などの映像や写真がある事が望ましいです。
それも1回ではなく、数回若しくは長期間に及ぶ事を証明できる証拠が必要となります。
また、浮気相手の自宅に通っているようなケースならば、複数回かつ継続的に通っていた事実を証明できるとよいでしょう。
なお裁判を提起するには被告人の所在が分かっていなければならないため、不貞行為の調査と合わせて浮気相手の調査も行っておく事が望ましいです