浮気がバレた時に相手に請求できる慰謝料には上限があります

浮気相手に慰謝料請求を請求できる?

浮気の場合、その浮気相手には慰謝料の請求をする事ができます。

 

こうした浮気相手に対する慰謝料請求を法律用語で「婚姻侵害」といい、原因となった浮気がどちらが誘ったのかといった事情に関わりなく、浮気相手に対して慰謝料が請求できるのです。

 

「婚姻侵害」の場合の慰謝料は、夫(または妻)から慰謝料としての支払いを受けているかどうか、その金額及び婚姻期間によって変わってきますが、一般的には数十万円から数百万円といったところです。

 

なぜ、こうした「婚姻侵害」が成立するかといいますと、法律上、浮気をした二人は連帯して賠償金額を支払う責任を負わなければならないからです。
しかし、二人への賠償金額の合計が、婚姻が侵害された被害額の上限を上回る事はできません。

 

例えば、夫が女性と浮気をした事が原因で離婚に至った場合、離婚の損害が500万円だったとすれば、妻は夫と浮気相手の両方に慰謝料を請求する事ができるのですが、その合計金額の上限が500万円となる訳です。

 

「婚姻侵害」による慰謝料の支払いには、もう少し違った展開も起こり得ます。

例えば、浮気相手の方が妻に対して500万円を支払った場合、夫は妻に対する慰謝料支払いの責任はなくなりますが、浮気相手から夫の負担分について請求を起こされる事があります。
これは、浮気相手が夫に対して夫の負担分を請求できるからです。
これが夫が500万円の慰謝料をすべて支払った場合は、妻は相手から慰謝料を受け取る権利がなくなるので注意が必要です。

 

 

それでは、「婚姻侵害」の対象とならないのはどんなケースでしょうか?

  • まず、浮気前から夫婦が別居するなどして、実質的な夫婦関係が破綻していた場合には、浮気相手に慰謝料請求をする事は出来ません。
  •  

  • また、浮気に際して夫が相手の女性に「妻とは離婚の話をすすめていて、今は別居している」など、夫婦関係の破綻を伺わせる具体的な話をしていた場合等は、夫婦関係が破綻しているという説明をしていた事になり、相手の女性が故意の浮気ではなかったとして慰謝料の請求は出来なくなります。
  •  

  • さらに、浮気をしても夫婦関係が破綻するまでには至らなかった場合も、相手の女性に慰謝料請求をする事が出来ません。

 

つまり慰謝料とは、浮気の行為によって破綻した夫婦関係に対する賠償金という考え方なので、はじめにどれだけの損害を被ったのかという被害金額ありきなので、そのあたりも十分に考えて行動を起こさなければなりません。

 

浮気した場合の慰謝料はどのくらい?