浮気相手とのきれいな別れ方

別れそのものをきれいと感じるかどうかは人それぞれに違いがあると思いますが、「きれいな別れ方」というのはあると思います。

 

浮気をしていた相手にも、家庭や家族あるいは職場など周囲のとの関係があるので、それらの関係やつながりを傷つけないように別れるのが「きれいな別れ」なのではないでしょうか?

 

浮気の場合、別れた後はそれぞれ元いた場所に戻っていくのですから、その元いた場所に自然に戻れるようにしてあげる事が大切なのだと思います。

 

元の場所に戻れば、浮気相手と過ごした時間も時と共に忘れていけるでしょうし、会いたいという気持ちを抑えることもできます。
そういう意味では、お互いに浮気を「いい思い出」に出来れば、それが「きれいな別れ」だと言ってもいいかも知れませんね。

 

違う見方をすると、「きれいな別れ方」をしたいなら、「きれいな付き合い方」をしなければならない、とも言えるのではないでしょうか?

 

例えば、妻子がいる事を隠して付き合っていたら、相手の女性は結婚や同棲などお互いの生活を共にするという選択肢も含めて考えながら付き合っていく事になります。
あるいはそういう期待を抱かせてしまう事になります。

 

こうして期待を裏切られた女性が「きれいに別れ」を受け入れられるでしょうか?

 

はじめから妻子がいる事を承知で付き合っていれば、自分の中で納得しているので、別れに際しては同じように苦しいかも知れませんが、時とともに自分たちの運命を受け入れていけるものなのです。

 

それでも中には、「きれいな別れ方」というのを、別れる時のシチュエーションだと思って勘違いしている人もいます。

 

高級レストランでワインを飲みながら別れ話をしてあげた」から、きれいに別れられたと思っているのですから、やぱり男は幼稚なのかも知れませんね。

浮気する男女の傾向