国別で見る浮気したことがある人の割合

国別の浮気率

浮気をしている人の割合(浮気率)はどの程度なのでしょうか。
統計分析会社NYのグレープアワード・キャンディッドが4000名既婚者(男2000名、女2000名)を対象に調査を行ったところ、以下の様な結果となりました。

 

浮気をした事がある、または現在していると答えた人の割合
           (男性:女性)
アメリカ     17.9% 11.7%
イギリス     22.5% 18.3%
ドイツ      11.1%  9.5%
日本       27.1% 15.6%
韓国       19.4% 13.3%
タイ        9.5% 17.1%
アラブ首長国連邦 25.4%  5.0%
ナイジェリア    6.9%  5.5%
ロシア      11.2% 11.0%
スウェーデン    5.1%  8.8%

 

なんと日本は男性が堂々の世界第1位、女性は2位という結果となりました。
アンケートの結果ですのでどこまで信憑性があるのかは不明ですが、日本は他の国と比べても非常に高い数字となっています。
ただし、これは“浮気”という概念が他の国と日本で温度差がある事も原因の一つではないかと考えられます。
簡単にいってしまえばどこからが浮気と考えるのかは各国で変わってくるということです。

 

例えば、日本では初対面の人と抱き合ったりキスを交わしたりする習慣はありませんが、それがあたりまえの国もあります。
特にセックスに寛容な国だとセックスする事自体は浮気に入らないと考える人も多く、そのような国は相手を好きになったり愛してしまうと浮気になる、と考える人が多いそうです。