浮気調査は安心を得るためにも必要です

浮気調査をして安心する

自分のパートナーが浮気をしているかもしれない。
このように思って調査の依頼を受け調査し、結果勘違いだったという事もあります。

 

もちろん、調査していることをパートナーに知られることで、相手が依頼者に対して不信感や怒りを覚えることも想定されるので、浮気調査をしていることは絶対にバレないように調査します。
そこは、プロなので安心してください。

 

あるケースで、
新婚でお互いに28歳というご夫婦。
たまの残業というのは以前からあったようですが、残業の回数がとても増え、帰宅が午前になるようになり、浮気しているのでは?
という奥様からの依頼でした。

 

早速、旦那様の行動を念入りに調べた結果、決定的な浮気現場というのはみつからないものの、調査開始の初日からある女性との接触を確認しました。
調査開始から1週間でその女性との接触は4回。
ですが、毎回決まったカフェで楽しそうに話をするだけという行動でした。
奥様からの依頼は初め1週間ということだったので、期日の1週間が経ち、調査報告をさせて頂きました。

 

奥様へ調査内容の状況を見せたところ、相手の女性は奥様の友人であることがわかり、なぜ?という思いとこの二人は何をしているんだ?
思いでいっぱいの表情をなさっていました。

 

決定的な証拠もないことから、「しばらく様子を見ます。」と言われたので調査は終了しました。

 

調査終了から、2週間ほど経った頃でした。
奥様からの連絡で嬉しい報告が入りました。

 

旦那様が会っていたのは奥様の友人。
この二人が奥様のためにサプライズの計画を経てていたようです。

 

奥様には何一つばれたくないということから、会社の終わった後に計画をたて、その内容等を話していて遅くなったいうことなのです。
奥様は、その後素敵なパーティ(結婚式をしていなかったので小さな式)を開いてもらえた。
というような内容を話していただきました。

 

すいません。という謝罪の声から、とても嬉しさが伝わってくる内容でした。

 

その後、奥様はとても不安だったことや、疑ってしまったことを旦那様へ伝え、旦那様もとても驚いたようですが、何も知らなければ疑っても同然かも知れないと納得していただいたようです。

 

モヤモヤしていた気持ちが今では笑い話になります。
と最後に頂いた一言に、浮気調査で仲良くなることもあるんだ。
と、思わされたケースでした。

 

 

ですが、このようなケースはとても稀なケースで、大変残念なことですが、
浮気を疑った方の大半は想像通りの結果となっています
現実を知ることで辛い思いをされるかもしれませんが、怪しいと思ったら、悩む前に何らかの行動を起こしてください。