浮気と本気の恋を両方したいと思うのが男性の本音です

浮気と本気の違い

男性の本音としては、本気の相手浮気の相手が両方欲しいという気持ちがあるのではないでしょうか?

 

特に女性にモテる男性なら、複数の女性と関係をもちながら、本気と浮気を適度に使い分けたい願望もあると思います。言ってみれば、本気ほど重たく構えなくてもいいカジュアルウェアのような付き合い方を浮気に求めているように思います。

 

ところが浮気だからと思っていても、必ずしも軽い付き合いで終わらないのが現実です。

 

知らないうちにお互いに相手への依存や欲求の度合いを深めていくのです。
これは独占欲や所有欲といった、本来、恋愛や浮気のスパイスのような働きをする感情が必要以上に強くなり、相手を自分だけのものにしておきたいという気持ちから、徐々に深みへハマっていくのではないでしょうか?

 

つまり、浮気なのにお互いへの依存関係を深めたくなるという自己矛盾を起こしはじめるわけです。こういう自己矛盾をかかえはじめると、浮気もいわゆるドロドロした関係となっていくのです。

 

浮気と本気の違いについていえば、本気の場合は好きな相手に対して依存関係が生まれたとしても、夫婦や恋人として相対化できるので自己矛盾を起こさず、逆にその事によっていっそうお互いの絆が強まっていきます。

 

ここが、本質的に浮気と本気の違いではないでしょうか?

 

例えば、付き合っている相手が自分に対してどの程度本気なの?って、だれでも考えたことがあると思います。
言ってみれば、遊びの恋と本気の恋の見分け方ってあるの?っていう事です。

 

絶対とは言えませんが、人間って案外正直なもので、心から大切にしていない相手には簡単に愛情を言葉にして表せないものです。

 

はっきりと言葉で「愛してる」という告白もなく身体の関係になってしまった相手からはあまり本気度を感じることはできません。
また親族や友人に紹介しない相手も本気度が低いと言えます。
あるいは前もってデートの約束をしない相手も本気度を疑ってみる必要があります。

 

こうして考えると、浮気と本気の違いって、けっこうはっきりと線引きすることができると思いませんか?

 

浮気する男女の心理