フェロモン系の男性ってどんな人?

フェロモン系の男

フェロモン系の男という分類の方法はここ数年に呼ばれるようになった言葉です。
昔はこのような言い方をせず、昔で言う若大将や、色男といった言葉が現在でいうフェロモン系になるのではないでしょうか。

 

では、フェロモンとはいったいどのようなものなのか
それは、匂いなのか何なのか少しご説明させて頂きます。

 

某化粧品会社では、フェロモンという香りを開発することとなり、研究の結果、普通のいい匂いなんかではダメだ、もっとも強力で最も個性的な商品を開発しよう、というわけで、そのためにあらゆる情報収集を行いました。

 

「フェロモン」を化学的に合成して化粧品にいれようというわけです。
現にそのような化粧品も存在しています。
「フェロモン」入りのクリームとそうでないクリームをそれと伝えず使い比べてもらうと、たいていの人は「フェロモン」入りのほうが「なんとなく」いい、というようなのです。

 

フェロモンは本当にあるのか?
フェロモンという言葉はいまや巷に氾濫しているが、実態不明のまま定着した感じがあります。
おかげでフェロモンとは単なる表現の一種といった程度に見られているよにも思います。
ところが、フェロモンはもともと学術用語なのです。

 

 

ここでもあくまで“系”と使っているように、実際には物体として存在しない
大まかな感覚でいい男のことをフェロモン系としています。
では、人間はなぜこのフェロモン系に弱いのか、現実の世界に生きていると、刺激を求めたり、マンネリな自分に生活が嫌になったり、このまま同じ様な年月を繰り返すのかと、将来に不安を覚えたりします。

 

このような状況になると、男女ともに素敵な出会いを求めて浮気に走りやすくなります
一度惹かれてしまった心は、気になるほうへ向く一方で何かしらの打撃や対処を受けないかぎり、もとの生活には戻れません。

 

浮気調査を行うことは、相手に現実を突きつけて、いろいろな意味で終了させるこの目的もあります。調査したから即離婚とならないのも現実です。

 

特に、長年主婦として家庭を守っていた女性にとっては、女性の時代だ!とは言っても離婚後に再就職するのはとても難しいことなのです。

 

仕事に対してのブランクもそうですが、子供がいれば生活の中心は子供となり、残業して深夜の帰宅ではお子さんがとてもかわいそうです。
そんな、主婦の方が夫に対して不信感を抱き、浮気を確信、とても悔しいけれども浮気相手と別れて、戻ってきてほしいと思うのです。
中には、浮気が確信できた時点で離婚しか考えられないという方もいます。
最終的な決断はご自分で行っていただくものです。

 

その最終決断に至るまでのお手伝いをさせていただくのが、浮気調査のプロたちです。