永遠のテーマである男と女の間で友情が成立するのかについて

男女間で友情は成立するか

男と女の間の友情は成立するのか。
これは長年語られてきたテーマです。
逆に言えば、未だに明確な答えが見つかっていない哲学的な問題だとも言えます。

 

友情が成立すると考えている人達と、しないと考えている人達には、異性を捉える時の考え方が根本的に違うようです。
まずはその違いを見てみましょう。

 

男女間の友情は成立すると考える人達

恋愛に奥手で積極性が足りない
異性を自分の中で明確に分別している
理想が高い、一目惚れしやすい

 

男女間の友情が成立しないと考える人達

恋愛体質
ストライクゾーンが広い
恋愛に対してオープンな考え方

 

友情の成立が可能か否かの問題に対して、恋愛の項目が出てきました。
つまり、男女間の友情が成立できるかどうかの鍵は、それが恋愛になってしまうかどうかということが重要なのです。
友情が成立しない→恋愛が絡んでくるという形になります。

 

成立すると考える人達は、恋愛に苦手意識があり、尚且つ理想が高い傾向にあるように思います。
その理由として、異性を見たときに瞬時に”恋愛対象”か”それ以外”かに分別し、以後その分別を変えることがありません。
”恋愛対象”に対しては苦手意識を持ちつつも、意識している態度をとります。
対して”それ以外”に一度分別してしまえば、何があろうとも恋愛関係にはならない。つまり間柄は友情で結ばれるということになります。

 

成立しないと考えている人達は、恋愛に積極的なタイプで共に社交性もあると考えます。
異性を見たときに”タイプ””タイプじゃない”と見分けることもありますが、付き合っていくにつれてその人のいいところを発見し、次第に恋愛感情が生まれていくことも知っています。
”友情が成立しない=仲が悪い”のではなく、男と女はいずれ恋愛が絡んでくる生き物だと思っています。

 

ここで成立すると思っている人達の大きな落とし穴が、”必ずしも相手も自分と同じ気持ちではない”ということです。
いくら自分からは友人としか見れていなくても、実は相手はあなたに恋愛感情を持っている場合もあります。
この場合は完全に友情は成立していませんよね?
友情のつもりでホイホイ着いていくと、突然襲われてしまうこともありますよ!