あなたは人生の勝ち組?負け組?

「赤」で勝ち組になる!

勝ち組になるか、負け組みになるか、そんな話ばかりが最近では聞こえてきます。

 

皆さんに余裕がないという証拠です。
減給、失職も普通になって、追い詰められ自殺する人が増え続ける。
こんな競争至上主義で、果たしていいのでしょうか。
とはいうものの、日々待ったなしの状況に置かれている者にとって、とにかく今日の勝負に勝つしかないといのが悲しい実情です。
ステップアップを目指す皆さんなら、朝一番の企画会議で、なみいる同僚、上司を差し置いて、あっといわせるプランを提出、サバイバルを果たさなければなりません。
もちろん、プランの中身が肝心です。

 

誰にもまねできない独創的なプラン。
そして、実行に向け詳細を極める戦術論。その緻密にして大胆な革命的プランで、独走態勢を築きます。
となるはずが、フタを開けてみれば誰もが似たり寄ったりのプランを提出して、どんぐりの背比べ状態になってしまいます。
その秘訣はというと、赤いネクタイ、赤い靴。
赤は勝利の色なのです
動物行動学の真理でもあります。

 

 

 

動く遺伝子

世の中、当たり前のことも、いざ考えてみると不思議に思えてきます。
人間の顔が全部違うというのが、そもそも不思議です。
電車に乗ったら目の前に自分の顔をしたアカの他人が座っていた、なんてことは絶対にありません。
理由は当たり前です。遺伝子が違うからです。
確かに一卵性の双子は、よほど見慣れた人でなければ区別がつかないほどよく似ています。
ほとんど同じといっていいぐらいです。
それは遺伝子が二人同じだからです。
ですが、同じ遺伝子を持ったからといって、性格的な部分も同じ様な性格なのか。
となるとそうではなくなります。

 

方や、浮気性のタイプ、方や真面目一本勉学タイプと分かれます。
このように遺伝子が同じであっても性格までは同じとはならないのです。