浮気した相手にじっくり時間をかけて復讐する方法

浮気をした相手への復讐

浮気をした相手への復讐となるとドロドロした話が多くて、読んでいるだけでもきが重くなってきませんか?

 

確かに浮気そのものは許せない行為なので、まったくお咎めなしというのも嫌ですが、じっくり時間を掛けて相手が苦しむ様子を見定めてやる!というのもどうかと思います。

 

浮気が事実なら、それでも関係を継続するのか、それとも終わりにするのかのどちらかです。

 

関係を継続するのなら、復讐よりも操縦?の方がいいでしょうし、終わりにするのであれば気分がスッキリするよりお財布がずっしりする方がいいと思います。

 

そこで今回は、「浮気なんてしたら、こんな復讐しちゃうぞ!」って可愛く脅しておいて、いざ浮気された時にはサラッと復讐を実行に移すテクニックをご紹介します。

 

まずは、予備段階です。
彼氏や旦那さんに対して、日頃から積極的なスキンシップを心掛けで習慣化しておきます。
また、「浮気したら○○のバッグ買ってもらうから」とか「浮気なんてしたら、思い切り復讐しちゃうぞ!」と、うっとおしく思われない程度に釘を刺しておきます。
この準備段階というのは、つまりは先制攻撃なわけです。
相手が浮気する前から、明るくはっきりと宣言しておくのです。
これでいつでも「復讐」することができるのです。

 

それでも、実際に相手に浮気なんてされたら、そんな冗談言ってる場合じゃなくなりますよね。

 

そこがポイントです。

 

心から傷ついて苦しいでしょうが、そこはグッと我慢してください。
決して感情を取り乱さないようにしてくださいね。
浮気かな?と思ったら

 

 

さて、ここからです。

もちろんエッチは拒絶しますが、「きょうは疲れてるから」と身体の不調などを言い訳にして、浮気が原因で断っているのではないフリをします。

 

そのうち相手はどう判断していいのか分からない状態になっていきます。
自分のせいで精神的に不安定になってる?それとも体調が悪い?と、いろいろと考えるようになります。
相手がこちらに対して気をつかうようになってくれば、もう勝利したも同然です。

 

一緒にデートに出掛けて約束してあったバッグを手にいれちゃうのもいいでしょうし、実家に連れて行って、思いっきりいずらい時間を過ごさせるのもいいでしょう。

 

こうしてしばらく振り回した上で、ゆっくりとこれから先の事を考えてはいかがでしょう。
カッとなって相手に向かっていっても、逃げられてしまうだけです。

 

浮気をした相手への復讐は、じっくりと時間を掛けるのが一番です。