相手の浮気を確信した時の対処法とは

状況証拠をツカみ、パートナーの浮気を確信する方法【その2】


携帯電話で浮気の証拠を見つける方法に引き続いて、車や財布などから証拠をツカむ方法を紹介します。
浮気をすると必ず普段との違いが現れるものです。この違和感を逃さずにしっかり状況証拠をツカミましょう!

 

このページのメニュー

 

2.「車」を調べて浮気を確信する

 

<走行距離メーターを調べる>
あなたのパートナーは普段、車を何に使っているでしょうか?
平日であればほとんどの方が会社に行くために使っているはずですよね。そこで会社までの距離をあらかじめ計算しておきましょう。
そして往復の大体の距離を出しておきます。もし浮気をしているのであれば車で浮気相手を迎えに行っている可能性が高いので必ず距離が伸びているはずです。
そこで探りをいれましょう。「今日、どこか寄ってたの?」と。「寄ってないよ。」と返ってきたら、会社しか行っていないはずなのにあきらかにどこかへ寄っている距離だと分かります。ここでより浮気を確信できるので次のステップに行けます。

 

<ガソリンの減りを調べる>
走行距離メーターと同様にガソリンの減りもチェックしておきましょう。不自然に減っていないか毎日チェックしていればある日突然減っていることがあるかもしれません。そんな時は「今日帰り遅かったけどどこか寄ってたの?」とカマをかけてみれば一発です。
また、ガソリン代が大幅に増えているのも要注意です。車のどこかにガソリンスタンドのレシートを隠しているかもしれません。

 

<カーナビを調べる>
今では多くの車にカーナビが付いていると思います。このカーナビでは走行履歴・検索履歴が分かります。あとはおわかりですよね。
もし休日や深夜の外出時にどこかへ行った履歴が残っているのならクロです。特に恋人と行くようなデートスポットが入っていたら間違いありません。

 

とは行っても履歴をすべて消している場合もあるのでその場合は他の方法で調べましょう。

 

<EPCを調べる>
カーナビに続いてEPCを搭載している車も多いものです。EPCでは利用履歴が残ります。どこの料金所を通過したのかなどが分かりますので、ETC利用照会サービスを利用しましょう。「車両番号(自動車ナンバー)」と「ETC用のクレジットカード番号」を使って移動履歴を照会できます。ここでパートナーのETC利用の足跡が調べられますので参考までに。

 

当然のことながらETCは高速道路などでしか使用しないので、使わないで浮気することは可能なので残っていればラッキー程度にしてください。

 

<車内の探索>

 

そして最も浮気の証拠となるものが見つかるのは車内を調べた時です。ここではどこを探せばいいのか?そして何が見つかる可能性があるのか?の2点を中心に紹介します。

 

●どこを探せばいい?
サイドポケット(運転席&助手席)
ダッシュボードの中
サンバイザーの裏
車内のゴミ箱
トランク

 

●何が見つかるの?
浮気した時のレシート
ガソリンのレシート
レンタカー借りてるレシート
2台目の携帯電話
浮気相手からのラブレター
口紅
ストロー
コンドーム
etc...

 

●助手席を隈なくチェック!
稀に浮気相手の髪の毛が付いていることがあります。ガムテープやコロコロを使って助手席をペタペタやってみましょう。自分のとは違う長い髪の毛がついてきたらアウトです。

 

男性にとって車は自分だけの空間であり、浮気をするのに絶好の密室です。ここにはかなりたくさんの浮気の証拠が残されていることがあります。事実、車内から浮気の証拠を発見したという経験者も多いです。携帯電話に次いで調べるべきポイントといえるでしょう。

↑ページトップへ戻る

 

3.「財布」を調べて浮気を確信する

 

<レシートの有無>
浮気度チェックにも書いたとおり几帳面でもないのにレシートが何も入っていない財布というのは怪しいです。
部屋のゴミ箱、車のゴミ箱などを念のため調べてみるべきでしょう。

 

では、レシートが入っていた場合。いろいろなパターンがありますが以下の様なレシートが入っているケースが多いようです。

 

●こんなレシートに注意
あきらかにデートでしか使わないおしゃれなレストラン
レンタカーを借りたレシート
お酒を飲まない人なのにお酒を買っているレシート
おしゃれなカフェに2名で入店してるレシート
ラブホテルのレシート
コンドームを買っているレシート

 

中には怪しいレシートのみを捨てている人もいるので注意が必要です。何も怪しいレシートがなかったからホッとしていると後でしっぺ返しが来ます。財布の中だけではなく携帯、車など総合的に判断しましょう。

↑ページトップへ戻る

 

4.「部屋」を調べて浮気を確信する

 

<部屋のこんな所に注意>
部屋を探すのも車とほとんど同じです。引き出し、ゴミ箱、かばんの中、ベッドの下などが一般的でしょう。
鍵が付いている引き出しがあるのであればその中が最も怪しいですね。
2台目の携帯を隠しているケースが最も多いようです。

 

↑ページトップへ戻る

 

5.「尾行」をして浮気を確信する

 

浮気調査の定番中の定番である「尾行」。バレた時のリスクが大きいのであまりオススメはできませんが、その際の注意点などをまとめて解説しておきます。

 

<尾行の目的をハッキリさせる>
尾行のやり方をここで解説することはしません。プロのばれない尾行というのは一人ではできないからです。2人以上の協力者がいないとバレる確率はグンとあがりますし、協力者が見つかったとしてもはじめて尾行するのであればあまり意味はありません。

 

それよりも大事なのは「どこまで尾行するか」です。
一般的なイメージといえばホテルに入る所までといえます。ですがそれはおすすめできません。
2人に見つかるリスクが高まりますし、何よりもホテルに入っていく2人を見てしまうのは心のダメージが大きいからです。

 

つい感傷的になって2人を止めに入ってしまい、その結果決定的証拠を残せない人が非常に多いのです。
浮気をしていたら証拠を残しておかないとあなたに有利なようにことをすすめることができません。
ホテルに入る瞬間をみたら誰だって感情的になってしまいますので、あくまで尾行の鉄則は冷静にやることです。

 

ゴールはもっと手前の2人が密会している所にしておきましょう。
待ち合わせている場面です。そして後で「今日どこに行っていたの?」や「誰と会っていたの?」と聞けばいいのです。
もし嘘をついていたら浮気確定なのですから。

 

↑ページトップへ戻る

 

>>次のページでは、浮気の証拠を確実に残す方法を紹介します。