妻・夫の浮気を確信

状況証拠をツカみ、パートナーの浮気を確信する方法


浮気度チェックでパートナーがなんとなく怪しい、浮気かもしれないと疑ってはいても確信がもてないのでは先に進めません。ここでは完全に浮気している!と確信をもつためにすべきことを紹介しています。

 

注意点としては、浮気度チェックでかなり怪しい行動をとっているときにだけ行動を起こすことです。そうしないと後でバレたときに「俺・私のことが信じられないのか!」という批判を浴びて離婚・破局の原因になりかねないからです。注意しましょう。

 

このページのメニュー

 

1.「携帯」を調べて浮気を確信する

 

<パスワードロック解除>
パートナーが携帯にロックをかけていなければ全く問題はありませんが、浮気をしているのであれば99%の確率でロックしているでしょう。
解除のコツをここでは紹介します。

 

●初期設定のまま
docomo 「0000」
au 「1234」
softbank 「9999」

 

●手抜きパスワード
ゾロ目(0000、1111、2222・・・)
連番(1234、2345、3456・・・)

 

●記念日パスワード
自分の誕生日(1月1日生まれなら「0101」など)
西暦(1980年生まれなら「1980」など))
子供の誕生日
パートナーの両親の誕生日
パートナーの兄弟の誕生日
ペットの誕生日
浮気相手の誕生日
特別な記念日(結婚記念日、付き合い始め記念日など)

 

●その他パスワード
電話番号の下4桁
実家の電話番号の下4桁
車のナンバー
銀行の暗証番号
クレジットカードの下4桁
学生証の番号
社員証の番号
免許証の番号
パソコンのパスワードと同一

 

携帯やスマホのロックだけでなく、最近ではLINEなどのロックもかけることができます。しかし多くの人は面倒くさがってすべて同一のパスワードにする傾向があります。
もし別のパスワードをしていた場合でも、メモ帳などに堂々とメモしている可能性もありますのでそういった場所を探してみてください。

 

どうしてもロック解除できなくてもあきらめないでください。なぜなら携帯電話こそが浮気の証拠がもっとも残っている場所だからです。本気で浮気を疑っているのなら浮気調査のプロに相談するなどして何が何でもロック解除しましょう。

↑ページトップへ戻る

 

<メール送受信>
最も最初に見るべき箇所はメール送受信でしょう。といっても浮気慣れしている人であれば削除してしまっている可能性が高いです。
稀にパスワードでロックしているから大丈夫だろうと高をくくっている人がいますが、基本的に証拠は残していないと考えておくべきでしょう。

 

では、何を見ればいいのか?

 

不自然に削除されていないかどうかをみてください。例えばガラケーの場合は受信限度が決まっています。500通がMAXなら○/500通のように表示されます。それなのに受信フォルダに495通しかなかったり、送信フォルダもMAXに達していなかったりすると削除していることが分かります。

 

また、浮気相手とのメールだけではなくアリバイ工作メールをしていないかも調べましょう。友達や家族などに「その日会っていたということにしておいて」という内容のメールを送っていたら限りなくクロです。

 

iphoneやandroidといったスマホでのメールのやり取りは削除しても不自然な部分がわからないので判断は難しいです。しかし安心してください。
スマホを持っている方は多くがメールよりも最近ではLINEなどのチャット・通話アプリを使っている傾向があります。そちらを重点的に探してみましょう。
またパソコンの捨てアドをとってスマホでやり取りしている人もいますので参考までに。

↑ページトップへ戻る

 

<通話履歴>
こちらもメール送受信と同様に不自然に削除されたものがないかを調べてください。

 

<電話帳・アドレス帳>
アドレス帳に見慣れない名前の人がいないか調べましょう。また浮気慣れしている方はバレにくいように次のような対策をとっている可能性もあります。

 

  • アダ名で登録
  • 男の名前で登録
  • 会社名で登録
  • お店の名前で登録

 

その場合は、メール受信や通話履歴と照らしあわせてみましょう。やたら深夜に電話していたら、会社名なのにメールの頻度がハンパじゃなかったりすると完全にクロといえるでしょう。

 

<アプリ使用>

 

スマホの場合はいろいろなアプリがあるので浮気相手との連絡手段として使っているケースが多いです。

 

  • 出会いアプリ
  • 通話アプリ
  • SNSアプリ

 

出会いアプリの場合はインストールしているだけで怪しいでしょう。その中で履歴もチェックしてみましょう。
通話アプリの場合はLINE・カカオトーク・スカイプなどが最も一般的です。これらはインストールしていても何も不思議はありませんが、電話帳やメール送受信と同様、中に見慣れない人が登録されていて頻繁にやり取りしているようであれば怪しいです。

 

さらに最近ではFacebookやTwitterなどのSNSを利用した浮気も多いようです。それらの中身も一応チェックし変なメッセージを送ったり受け取ったりしていないかチェックておきましょう。

 

<LINEを使った浮気>

 

浮気にLINEを使っている場合、パスワードロックを解除できなくても確信できる方法があります。
それは通知が画面に表示されるので、名前と文章の最初の部分が読めるのです。もちろんここでもアダ名や偽名で登録している可能性もありますので、通知頻度や時間帯などから浮気の可能性を探りましょう。

 

<メール入力画面>
携帯電話には予測入力変換機能がついています。1文字打てば次につづく言葉を自動的に表示してくれる機能です。
これを利用すれば最近パートナーがどんな言葉をメールで打っていたのか分かります。

 

メール画面などを立ち上げて「あ」と一言打ってみてください。
「愛してる」「会いたい」などの言葉が出てきたら要注意です。
もちろんあなたが最近そういったメールを受け取っていたのなら例外です。あなたが受け取っていないのにそんな言葉が自動予測で出るということは誰かしらに送っていることになります。

 

また、絵文字の履歴もチェックしましょう。妻や彼女の浮気を疑っているのならハートマークを多様していないか?が重要ポイントです。
旦那や彼氏の浮気であれば、普段は絵文字を使わないのになぜか履歴では普段使っていない絵文字をガンガン使っているのであれば怪しさ満点です。

 

以上が携帯電話から浮気の情況証拠を見つける方法のまとめです。
ここまでやり切ればパートナーが浮気してるのかしていないかの白黒がハッキリつくと思います。ですがより確信度を高めるためにも次のページ以降の方法も参照してくださいね。

↑ページトップへ戻る

 

>>次のページでは、車や財布などを探すポイントを紹介します。