慰謝料をもらったことで、私も未練を断ち切って前に進めるようになりました。

体験談④

長年一緒に過ごしてきたパートナーだからこそ、浮気しているなと直感で気付くことができました。
追求すればボロが出る夫だったので、自力で浮気を認めさせることもできたのですが、あえて高い費用をはたいて探偵に決定的証拠を取ってきてもらいました。

 

女性として浮気だけはどうしても許せないですし、仮に別れたとして違う女性と平和な日々を送るのは納得いきません。
お互い30代なのですが、別れた時のリスクは男性と女性は違うと思いますし、実際に別れてから私はずっとフリーです。

 

自分の気持ちを納得させるには、しっかり裁判をして慰謝料という形でパートナーと浮気相手が行った罪を償って欲しいと思いました。
こうした事を考えると、初期費用はかかっても決定的証拠を持っておく必要が高いと感じました。

 

探偵から証拠を抑えたときは、悲しい気持ちもありましたが、心なしか嬉しい気持ちもありました。おそらく浮気しているだろうなと勘づいた時点で私の気持ちも冷め切っていたのかもしれません。

 

証拠を突きつけた時には、予想に反して相手は別れたくないと言ってきました。
ほかの女を何度も抱いておいて男は本当に都合の良い生き物だと思います。

 

付き合いが長いパートナーだったので、かわいそうという気持ちもありましたが、それでも私の気持ちは変わらずキッパリ別れました。

 

そして裁判をして、探偵が取った決定的証拠が決め手となり、相応の慰謝料を勝ち取ることができました。

 

最初はモヤモヤした気持ちもありましたが、今はこうした結果に結びつけて本当によかったと思います。探偵の調査費用は慰謝料から精算できたし、別れるにあたって自分の親や周囲にも建前がついたという点も大きかったです。

 

もし、慰謝料なしに別れていたら、元夫が浮気相手とうまくいっているのか?など気になってしょうがなかったでしょう。
しかし、慰謝料をもらったことで、あとは相手の好きにすればいいと割り切って考えられるようになって、私も未練を断ち切って前に進めるようになりました。

旅行の画像

 

決して綺麗なお金ではないかもしれないですが、今は1人で自由な時間が多く、今までなかなか行けなかった海外にも定期的に旅行に行けるようになりました。

 

気持ちもリセットできたし、あとは私自身が新しい恋を見つけられれば完璧です。