プロが調査して法的に有利な証拠を提示できたからこそ、夫は非を認めたと思います。

体験談①

明らかに夫の様子がおかしくて、探偵を雇って調査してもらいました。
結果は黒・・・

 

覚悟はしていたけど、証拠写真を突きつけられると思っていた以上に動揺して、当初は答えが決まっていたハズなのにとても悩みました。
悩んで悩んで私の出した答えは「許す」でした。

 

理由はやっぱり子供の事。生活の事。相手の気持ちは冷めてるのかもしれないですが、私の中ではまだ好きという感情がどこかで残っているような気がした事。
別れたとして新しい恋愛をする自信もないし、次の恋をしてもそれが子供に悪影響になりそうな事などがありました。

 

しかし無条件で許した訳ではありません。
決定的な証拠写真を突き付けて、こっちは離婚も裁判もする気があるけど、どーする?と突き付けました。
ここで、開き直られたら別れるという道に進んだと思うので突きつける私も心臓ドキドキでした。私の中の最後の勝負。

 

結果は素直に謝ってやり直したいと言ってもらえました。

 

  1. 浮気相手には、私の前で電話して別れを突き付けて連絡先消去
  2. 飲みに行く時や休日出勤は定期的に連絡。証拠写真の提出等
  3. 家族サービスを増やすこと
  4. 私が怪しいと思った事に対して、しっかりした説明や証拠提示せずはぐらかしたりスマホの開示を拒否したら、今回の浮気証拠で離婚・慰謝料請求する事

以上の4点をやり直す条件にして、了承と簡単な覚書を取り交わしました。

 

その後は改心したように、早く家に帰ってくるようになって、それが私も嬉しくて毎日楽しい雰囲気で食卓を囲んだり家族で一緒にテレビを見てます。

 

浮気を本人に認めさせるだけであれば、探偵なしでもできたかもしれません。
別れないって選択をするのであれば、調査費用を何のために払ったの?と相談していた友人に言われました。

 

それでも私は、プロに調査してもらって法的に有利な証拠を提示できたからこそ、夫も非を認めて、こちらの要求を全て受け入れて改心したのだと思います。

 

浮気してるのかな?と疑い始める前から主人が私の事を女性として見てくれなくなった印象がありました。
もっと掘り下げると子供が産まれた時から、夫婦の関係は恋人の延長線上とは違うところにあっだと思います。
それが、今回の件が終わってから、表面上かもしれないですが夫は私の事も子供の事も大事にして理想の明るい家庭を築けるようになりました。
私の中では調査費用としてかけたお金やそれまでの労力に対して返って来たら見返りは大きかったです。

 

ちなみに証拠写真と覚書は、それを閉まっている引き出しを見るだけで思い出して嫌な気持ちになる事もありますが、一応私の中の保険として保管しています。