浮気相手には必要以上に連絡しないほうがいいでしょう

浮気相手への連絡はするべき?

男性でも女性でも、浮気相手とまめに連絡をとるタイプの人と会う時しか連絡しないタイプの人がいますね。

 

男性が相手の女性の身体を求めている場合には、浮気相手とはあまり連絡を取りたがらないものですが、所有欲や独占欲が強くなってくると身体が目的の場合でも連絡する機会が増えていきます。

 

ところが女性の浮気の場合は、身体よりも心を求めるケースが多いので、連絡をしたりされたりといった関係になりがちです。

 

浮気相手への連絡はするべきかどうか?という点について、当事者同士の関係についてはいろいろなケースがあるので、一概には言えないでしょうが、浮気がバレないようにするということから言えば、できるだけ連絡はしない方がいいでしょうね。

 

というのも、浮気がバレるキッカケで一番多いのが携帯電話やスマートフォンのメールだからです。

もちろん、知らない相手からの着信履歴も怪しまれます。
なにより、浮気相手からの連絡が多くなれば、携帯電話やスマートフォンを肌身離さず持ち歩くようになって、これこそ間違いなく浮気を疑われてしまいます。

 

浮気相手とはあまり連絡をしない、と付き合いはじめた頃から決めていれば、それはそれで納得してもらえるものなのですが、はじめのうちは頻繁に連絡していたのに、ある時から急に連絡をしなくなったというような場合には、思わぬトラブルに発展する可能性もありますので、気をつけた方がいいでしょうね。

 

 

浮気をしている相手から、突然、連絡が来なくなったどう考えるでしょうか?

普通なら「なにか気に入らないことをした?」「嫌いになった?」とネガティブな想像ばかりしてしまいますよね。
この時に冷静になれればいいのですが、不安と焦りから逆に何度も電話をしたり、メールを送り付けたりと、相手が困るような事ばかりしてしまう事が少なくありません。
こうなると浮気の関係は脆いもので、本当に相手から嫌われるのがおちです。

 

浮気はいつか終わらなければならないものです。
浮気相手との関係がいい時も悪い時も、その最後の時にトラブルにならないように日頃から気をつけて付き合う方が傷つかずに済むのではないでしょうか?

 

浮気相手との別れ方